ホーム > 鉱害防止支援 > 金屬資源保有國政府等への技術支援

金屬資源保有國政府等への技術支援

資源保有國への情報提供

 鉱害防止分野における活動を通じた資源保有國との関係強化の一環として、鉱害防止セミナーを開催しています。

鉱害防止セミナー開催

開催國 年月 參加者 主な參加機関
ペルー 2007年6月 41名 エネルギー鉱山省
2009年11月 60名 エネルギー鉱山省
2010年11月 55名 エネルギー鉱山省
2011年11月 60名 エネルギー鉱山省
2013年2月 109名 エネルギー鉱山省
2014年2月 100名 エネルギー鉱山省
2015年2月 99名 エネルギー鉱山省
2016年2月 90名 エネルギー鉱山省
2017年2月 80名 エネルギー鉱山省
2018年2月 64名 エネルギー鉱山省
2019年2月 59名 エネルギー鉱山省
ボリビア 2009年7月 42名 鉱業冶金省
2011年2月 86名 鉱業冶金省
2011年11月 192名 鉱業冶金省及び地方政府
チリ 2010年6月 65名 チリ地質?鉱業サービス局
ベトナム 2008年8月 26名 天然資源環境省國際協力局、地質鉱物資源局
2011年3月 256名 天然資源環境省地質鉱物資源局
2012年8月 62名 天然資源環境省
中國 2008年6月 40名 中國有色金屬工業協會
カンボジア 2011年3月 81名 鉱工業エネルギー省鉱物資源総局
2012年2月 96名 鉱工業エネルギー省
ラオス 2011年10月 90名 エネルギー鉱山省、天然資源環境省
2012年9月 72名 エネルギー鉱山省、天然資源環境省
2013年10月 30名 エネルギー鉱山省
2014年11月 25名 エネルギー鉱山省
2015年12月 19名 エネルギー鉱山省
ミャンマー 2012年10月 129名 鉱山省
2013年9月 176名 鉱山省
2016年7月 230名 鉱山省、天然資源環境保全省
フィリピン 2017年1月 134名 環境天然資源省、フィリピン鉱業協會
2019年1月 19名 環境天然資源省
南アフリカ 2013年2月 約80名 南アフリカ、ボツワナ、ジンバブエ、タンザニア、モザンビーク、ナミビア等の政府関係者
2014年2月 約105名 南アフリカ、アンゴラ、ボツワナ、コンゴ民、ガボン、レソト、マダガスカル、マラウィ、モザンビーク、ナミビア、ニジェール、タンザニア、ザンビア、ジンバブエ等の政府関係者
ザンビア 2013年6月 90名 鉱山?エネルギー?水開発省
マダガスカル 2014年8月 124名 戦略的資源擔當大統領府、アンタナナリポ大學
ボツワナ 2015年10月 96名 鉱物エネルギー水資源省
ジンバブエ 2016年3月 94名 鉱山?鉱業開発省
タンザニア 2016年9月 112名 エネルギー鉱物省
ナミビア 2017年2月 99名 鉱山エネルギー省
內容 開催國?実施時期等
サステナブル?マイニング開催 在京南米大使館を対象に日本の鉱害防止事業を紹介する講演會を開催(2011)
視察団?研修員受入 ペルー  2009年度、2010年度、2011年度、2012年度、2013年度、2014年度、2015年度、2016年度、2017年度、2018年度、2019年度
韓國 2010年度
フランス 2010年度
ラオス 2011年度
カンボジア 2012年度
南アフリカ 2013年度
ミャンマー 2016年度
フィリピン 2019年度
  • ペルーにおけるセミナー

  • ペルー政府職員の受入研修

  • フィリピンにおけるセミナー

  • ミャンマー政府職員の受入研修

ミャンマーにおけるセミナー

  • タンザニアにおけるセミナー

  • ナミビアにおけるセミナー

ペルー政府と鉱害防止に関するMOU締結、鉱害政策アドバイザー派遣

2007年に実施した鉱害防止セミナー等、JOGMECの鉱害防止支援事業に係る取組みを高く評価するペルー政府から強い要請を受け、鉱害政策アドバイザー派遣に関するMOUを2008年12月に締結しました。

以降2019年度までの間に、鉱害政策アドバイザーによる技術講義、現地での水系調査等のOJT、日本受入研修等を通じて技術的支援を行い、長期に亙るJOGMECの取り組みにより鉱害防止対策工事の実施に至るなど、ペルーにおける鉱害防止対策は大きく前進しました。

12年間の協力に対し、エネルギー鉱山省から公式に感謝狀及び感謝の念を示す祈念の盾が贈られました。 
  • 鉱害政策アドバイザーによる現地OJT

  • 協力に対する感謝を示す祈念の盾

フィリピン政府と鉱害防止に関するMOU締結

 JOGMECの鉱害防止支援事業に係る取組みを高く評価するフィリピン政府からの要請を受け、休廃止鉱山における鉱害防止技術研修に関するMOUを2019年8月に締結しました。

 本MOUに基づき、2019年10月にフィリピン環境天然資源地球科學局から研修員8名を日本に受入れ、同國の休廃止鉱山及び小規模採掘現場等での鉱害問題の解決に資する情報提供を行いました。

 フィリピン政府から、JOGMECの活動について高い評価を得ると共に、我が國の環境保全及び法令順守の意識の高さについて理解してもらうことができました。
  • フィリピン環境天然資源省鉱山地球科學局とのMOU調印

  • フィリピン政府職員の日本受入研修

海外向け技術テキスト

 鉱害防止セミナー開催等の他、日本の鉱害防止技術?制度などを広く情報発信するため、鉱害防止関連の技術?制度情報を取り纏めた英語?西語?ベトナム語?クメール語?ラオ語?ミャンマー語版技術テキストシリーズを発行しました。また、鉱害防止技術に関する教育用映像として、英語?西語版のDVDを発行しました。

海外向技術テキスト

(法人番號 4010405009573)
〒105-0001 東京都港區虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.
国产片AV国语在线观看手机版-午夜免费无码福利视频试看